小腸の絞扼性イレウスのCTをupしました。

索状物による小腸の絞扼。
腸間膜の脂肪織濃度上昇があり、腸間膜の血管が扇状に広がっている所見が見られます。またclosed loopでの小腸の浮腫性壁肥厚と動脈相での造影遅延、平衡相での造影効果遷延、上腸間膜静脈の拡張が見られます。

ヘルニア門が比較的大きいため、完全な腸管壊死には至っておらず、壁内ガスや門脈内ガスは見られません。