Slant appearance

正常の肩甲骨関節窩は辺縁がどの部分も外に向かって鋭角になっているが、投球障害肩の関節窩後下方は丸みを帯びている(slant appearance)。同部の関節唇、関節軟骨は肥厚している。

投球障害肩の大部分に見られ、上腕骨頭がこの部分をすり減らした可能性が考えられる。

同部に関節唇損傷が見られるが、これは Kim’s lesion と呼ばれている。

Slant appearance 自体は疼痛の原因にならないが、肩甲骨を上手く使えていない、理想のゼロポジションでボールをリリース出来ていないことを意味するので、投球フォームを指導することでよりよい投球が可能となり、投球障害肩を予防・治療することができる。