腹膜垂炎

S状結腸腹膜垂の鼠径ヘルニア嵌頓のCT。

腹膜垂炎のCT画像をupしました。

 

腹膜垂炎症について

腹膜垂炎は結腸ヒモに接して漿膜に囲まれた脂肪垂が捻れることで発症します。そのほかに、嵌頓ヘルニアや腸管閉塞、腹腔内異物などで起こるといわれています。

これらにより腹膜垂に虚血、炎症を生じる病態です。

肥満男性に多いと云われています。腹痛で発症しますが限局的な圧痛で腹膜刺激症状や吐き気などの消化器症状が乏しく、重症感が少なく殆どが自然治癒します。

虫垂炎や憩室炎が鑑別に挙がります。

超音波では結腸に接して中心低エコー、周囲高エコーの構造、あるいは高エコーの構造として見られます。

CTでは、卵円形の脂肪織の周囲に高吸収のrim(腹膜の炎症を見ている)が見られます。その周囲に脂肪織濃度上昇が見られます。

中心に点状・線状の濃度の高い構造があり、静脈内血栓と考えられています。

これに接する結腸には異常所見があまり見られません。

 

治療は、痛みに対する鎮痛薬内服の対症療法で臨床的には問題ありません。